医師紹介

 当院は1980年(昭和55年)の開院以来、30数年にわたり診察を行ってまいりました。現在、外科・整形外科・消化器内科を中心に高血圧症・糖尿病・高脂血症といった生活習慣病などの内科的疾患まで幅広く診察を行っております。2014年(平成26年)春からは消化器内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)や超音波検査(腹部エコー・頸動脈エコーなど)が始まりましたので、今後は消化器疾患の診療も加わりさらに広い範囲での医療が提供できるようになり、今まで以上に皆様の健康管理のお手伝いができるのではないかと考えております。
 当院の目指すところは、「どのようなことでも気軽に相談できるお近くのかかりつけ医」であります。最近の医療は、それぞれの専門分野によって細分化されてきており、その内容も以前と比べてわかりにくくなってきております。そのため、病気のことで困った時に、どこに相談したらいいのかわからないということがあります。そのような時は、当院に一度ご相談ください。なにかしらのアドバイスができるかと思います。また、病状によっては専門性の高い治療を受けないといけないこともあります。そのような場合は、大学病院をはじめ基幹病院と連携し迅速な対応をとるよう心がけておりますのでご安心ください。
 そして、日常の外来診療と同時に往診も随時行っておりますので、お気軽にご相談ください。これからも地域の皆様に貢献できるような密着した医療を行っていきたいと思いますので、皆様宜しくお願いいたします。

院長 常深 聡一郎

院長 常深聡一郎

■資格
医学博士
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本医師会 認定産業医

■専門
外科、消化器外科

名誉理事長  常深隼太郎

■資格
医学博士
日医認定健康スポーツ医

■専門
外科、整形外科

医師担当表

■院長:常深 聡一郎

 
午前診
9:30~12:30
午後診
16:00~19:00

 

■名誉理事長:常深 隼太郎

 

 
午前診
9:30~12:30
午後診
16:00~19:00



※整形外科の診察は、名誉理事長診のみとなります。