新型コロナウイルス感染症が広がっている状況に対応すべく、当院における外来診療体制を整備いたしました。

 

日々感染が広がっていくなか、当院のような診療所にも新型コロナウイルス感染症の可能性がある患者さんが来院されることが今後増えると予想されます。ただ、新型コロナウイルス感染症の症状と、その他風邪やインフルエンザ等で引き起こされるかぜ症状(呼吸器症状等)は、現段階において区別することができません。また、健常者が診療所を受診した際に、感染対策をしていないと知らないうちにウイルスに感染してしまう可能性もあります。これらのことより、当院では3月16日(月)以降、かぜ症状をお持ちの患者さんに関しましては、診療を通常の外来診察室ではなく別のお部屋で行うことといたしました。来院された時、かぜ症状をお持ちの方は、通常の外来待合室には入らず、直接診療を行うお部屋をご案内します。通常の外来待合室におられる患者さんへの感染を予防する意味で動線を分けておりますので、ご協力よろしくお願いいたします。

 

(受診される方へのお願い)

① 当院を初診として受診される時にかぜ症状がある方

② 当院に以前より通院しており、受診時にかぜ症状がある方(初診、再診にかかわらず)

上記のように、当院を受診される時にかぜ症状をお持ちの方は、ご自宅を出られる前に当院までお電話をお願いします。電話にて簡単な問診や受診時の注意事項をお伝えします(外来の状況によっては時間調整をさせていただく場合がございます)。

 

※その他、何かわからないことがございましたら、お電話でお問い合わせください。